飲食店 辞めたい

飲食店を辞めたい人へ!

もと30代飲食店社員が送る飲食店の詳細を語ったブログ!

飲食業界内で転職するのにおすすめの転職エージェント

 

 

飲食業は大変だけど、飲食関係の仕事自体は嫌いではない。

 

むしろ調理やメニュー考案、接客は好きだ。

 

 

今の飲食店で働いていて、こんな悩みをお抱えの方も多いことでしょうね。

 

 

かくいう私自身も、飲食店での仕事自体は非常に好きでした。

 

しかしその辞めたくなる要因。何が悪いかって、それはただ単に

 

 

「飲食業の労働環境・待遇」

 

 

これが整っていれば、飲食店の仕事を続けたい。

 

あなたと同じように、こうも考えていました。

 

 

しかし条件の良い飲食店で働く方法などあるのか?

 

今やブラック企業のレッテルを貼り付けられたこの飲食業界で、労働環境の良い職場などは存在するのか??

 

 

結論から言います。

 

 

環境・待遇の良い飲食店で働くには、優良な飲食店だけを紹介する特化型の転職エージェントを使う必要があります。

 

 

飲食業界の転職はフーズラボ・エージェント>

 

 

飲食店の仕事は好きで、労働環境の改善を図りたい。ブラックじゃない飲食店で働きたい方はこのまま読み進めて頂ければと思います。

 

 

 

 

昔の経営者の傲慢さが今の現実を招いた

かつての人材が飽和しネットで情報が拡散していなかった時代は、飲食店経営者の「独断買い手市場」状態でした。

 

 

来る者拒まず、去る者追わず

 

 

とはまさにこの状態の事で、飲食店は沢山の応募者が集まり、沢山の入社社員が辞めていく。

 

ある意味、飲食業とはそうゆうもの。こういった認知もされていました。

 

そのため雇い入れるオーナー経営者側も、

 

「辞めたらまた次の人材を雇えばいい」

 

こういったある種、傲慢な姿勢が見え隠れする人も多かったのです。

 

 

・代わりはいくらでもいる

 

・環境、待遇を変える気はさらさらない

 

 

 

口にこそ出しませんが、飲食業という会社組織全体でこういった雰囲気を醸しだしていましたね。

 

言わばブラックの下地を作ってしまったのです。

 

 

 

情報が拡散する時代だからこそブラック企業は生き残れない

時代は変遷します。

 

 

飲食店で現在働いている方なら、痛いほどお分かりかと思いますが、今のご時世は人手が全く、全く集まらない。

 

 

こういった現実につきつけられている人も多いことでしょう。

 

なぜこんな事が起きるのか?

 

単純に少子高齢化が原因なのか?

 

 

一要因として少子高齢化も考えられますが、こと飲食業に関して言えば、ネットやSNSなどで悪評が拡散し過ぎた事が大きな理由に挙げられます。

 

 

ブラック企業の具体例や、他業種と比較して自分の労働環境がいかに劣悪なものか簡単に調べる事ができるようになってしまった。

 

それに並行するかのように、飲食店からは人材がどんどん引いていってしまったのですね。

 

同時にこれは、人手を確保できないお店はサービスや料理品質の低下を招くために衰退も意味し始める事になります。

 

 

ブラックな飲食店で大繁盛しているお店ってあるのでしょうか?

 

 

ブラック飲食店とホワイト飲食店の2極化

 

しかしそうは言っても「飲食業」というビジネスが一夜にしてなくなるわけではありません。

 

人材が流出して利益が落ち込むのであれば、どうやったらそれを防げるのかを考えるのが企業でもあります。

 

悪評が浸透し人手不足に陥るのなら、どうすれば人材を集めることができるのかを考えます。

 

結果、何が起きたのか?

 

 

飲食業界はブラック飲食店とホワイト飲食店に2極化しました。

 

 

確かにまだまだホワイト飲食店の割合は少ない。割合で言えば、

 

 

白3:黒7

 

 

ぐらい。

 

ですが、労働環境が悪すぎては結果的に会社の売上向上には至らないため、働く環境を整備する会社がドンドン増えてきている。

 

その方が相乗効果で人材も確保でき、込み入った教育もでき、売上も上がる。

 

こういった形にシフトチェンジしているお店が増えているのは事実です。

 

 

 

ブラックじゃない飲食店を自力で探すのは難しい

飲食業界で転職を考えて、3割の「ブラックじゃない飲食店」を自力で探すとなるとかなり難しくなります。

 

理由は簡単で、入社を希望する飲食店の裏側は面接だけでは中々分からない。

 

場数を踏んで、慣れてくれば見抜けなくもないですが膨大な時間を要するのは明らかです。

 

口コミサイトなどでも分からなくもないですが、信ぴょう性に欠けるところも否めません。

 

 

単刀直入に言ってそういった表と裏のすり合わせを計るには、飲食店専門の転職エージェントを使うしかないのです。

 

 

ポイントは一般転職エージェントでなく、飲食専門の特化型転職エージェントを使う点。

 

理由は単純です。

 

 

・飲食業界独自の問題点を熟知している(長時間労働など)

 

・コンサルタントに元飲食店勤務者が多く、話しが分かる

 

・実際にお店に潜入し体験取材をしている

 

 

業種に特化している分、掘り下げの度合いが違います。

 

逆に一般転職エージェントで飲食店を探すと、大手企業ばっかりを紹介されがち。

 

なので、飲食内で転職をするなら業界の裏事情などもよく知っていて、今の自分の労働環境がダイレクトに担当者に伝わる転職エージェントを使うのが必須と言えます。

 

 

ではどの飲食特化の転職エージェントが良いのか?

 

 

飲食業界で苦しんできたこそ分かる自分がおすすめする飲食店専門の転職エージェントは「フーズラボ・エージェント」です。

 

 

飲食専門転職エージェント「フーズラボ・エージェント」

 

飲食店特化の転職支援フーズラボ・エージェント>

 

 

飲食専門の転職エージェントって実はあまり存在していません。

 

冒頭でも述べましたが、以前の飲食業界は人手も満ち溢れていたため人材紹介サービスを駆使せずとも勝手に人が集まるという状態でした。

 

わざわざ紹介して貰う必要もなかった時代です。

 

しかしかたや一方、今は飲食店は人手不足の渦中のさなか。

 

「どこのお店も一緒だろ」と適当に探すと、痛いほどに「ババ」を引いてしまいます。マジでそうです。

 

 

「フーズラボ・エージェント」が他社の飲食専門の転職エージェントと大きく違う点は、担当者が今の飲食業界の事をより熟知している点だと言えます。

 

ややもすると、転職エージェントっていかにも内定が出そうな案件ばかりを紹介されがちです。

 

中途半端に妥協してしまえば、今より労働環境を良くしようと思って入社したのに更に悪くなった。こんな事にもなりかねません。

 

しかし「フーズラボ・エージェント」は独自の調査で、

 

 

・求人に完全週休2日制と謳っているが本当か?

 

・お店が残業禁止としているが実際どうなのか?

 

・月6日休みと8日休みの選択性の店舗の実態

 

・残業代支払いのの実態

 

・社長や幹部がどんな人間か(ちゃんとしているか)

 

 

こういったかなり込み入った情報を惜しみなく紹介してくれます。

 

情報をかなりオープンにしてくれるので、ブラックじゃない飲食店を一緒に探してくれるとも言えます。

 

また面白いのは、「現場仕事でない飲食会社」などの非公開求人も多数持っているのも他の飲食求人サイトには無い点かもしれませんね。

 

 

もちろん転職エージェントでもあるので、

 

 

・効果的な履歴書の書き方

 

・面接の具体的な対策法

 

・転職したいが今の飲食店が忙しすぎる人へのアドバイス

 

・なんなら面接の同行

 

 

 

こういった悩みにも対応してくれます。

 

 

今の飲食店の給料が悪すぎるという方は、そういった悩みに答えられる案件を紹介してくれますし、給与交渉の代行までも行ってくれます。

 

実際の応募や面接の段階で自分個人で給与交渉を行おうとすると、どうしていいのかも分からない。

 

「この給料じゃ、ちょっと・・・。もうちょとなんとか・・・。」

 

とかリアルの場で言えないですからね。

 

そういった意味でも給与改定を目指す人にはこころ強いです。

 

飲食で労働環境を改善を図りたい人の多くが利用しています。

 

 

実際に就職先の飲食店に食べに行く

sherlock-holmes-462957_640 (1)

 

 

飲食業界内で労働環境を改善させるためには、より業界に熟知している専門の転職エージェントを利用することをお伝えしました。

 

もちろん実際に転職エージェントに相談する際には、「おんぶにだっこ」状態で何でもしてくれるというのではダメです。

 

自分から色々な条件を提示したり、質問を投げる姿勢は重要ですよ。

 

 

またより確実な待遇改善を図るなら、紹介されっぱなしではなく、紹介されたお店をリサーチする事がかなり大切です。

 

 

一番手っ取り早いのが、面接前にそのお店・系列店に実際に食べに行くことです。

 

しかもできればアイドルタイムに行くことをお勧めします。

 

 

・ランチピーク後の暇な時間

・居酒屋では平日の17時台

 

 

なぜならこの時間帯は色々と本質が見えます。

 

 

目の付け所は、この時間だと空いているから。ではありませんよ。

 

 

この時間に行くと、

 

 

・交代要員がしっかりシフトチェンジしている

 

・休憩がきっちり回されている

 

・アイドルタイムを利用して綿密な教育を行っている

 

 

 

こういったお店の本質が垣間見えやすいです。

 

 

アイドルタイムの創意工夫は、えてして休日がキッチリ取れているかなどの環境部分にも直結します。

 

 

アイドルタイムがぐっちゃぐちゃにもかかわらず、休日や労働時間がきちんと整備されているお店は、経験上あり得ない。

 

 

またアイドルタイムを使って新人指導が行われる事も多々あるので、その様子を見れる可能性もあります。

 

 

・段取り良く夜の準備をしている

 

・新人っぽいスタッフが笑顔でコミュニケーションを取っている

 

・何をしていいのか分からず、まごついているスタッフがいる

 

 

 

こういった事情が見れれば、いかに「人」を大切にしているかが伺い知れます。

 

 

逆に忙しい時間帯に伺うと、

 

「うわ~すげ~繁盛してんなこの店」

 

「この料理うめえな~」

 

といった働く環境外の部分に目が行ってしまいがち。

 

それが目的であれば構わないのでしょうが、ここではブラックじゃない労働環境の良い飲食店をどう探すかという話題ですので割愛します。

 

 

もしここで、自分の想像と違った、転職エージェントの話しと雰囲気が食い違う、こんな事があればそれをエージェントにフィードバックすると良いです。

 

そうすると、より精査された案件を紹介しなおしてくれますし、エージェント側もあなたが希望する条件の職場をより理解してくれます。

 

 

 

簡単そうで簡単でない飲食業。

 

だからこそより良い人生を送るための担い手になってくれる飲食専門転職エージェント「フーズラボ・エージェント」を使い倒して、労働環境の良い飲食店で、働く事を実現させて下さい。

 

 

 

常識的な労働時間、休日がしっかり取れるお店で働いてこそ、これからの飲食業のあり方ですよ。

 

 

飲食店特化の転職支援フーズラボ・エージェント>

(※転職エージェント「フーズラボ・エージェント」の利用は完全無料です。)

 

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ戻る