今日お店に行くのが死ぬほどつらい・・・

辞めると言っているのに、ノラリクラリとかわされてしまう・・・

人手不足過ぎて、言うに言えない・・・

飲食店を辞めたいがスムーズに辞められない。辞められそうにない。こんな人はかなりいる。

お店側もお店側で、あなたに辞められたらますます苦しくなるために、意地でも引き延ばそうとする。

結果、泥沼状態になりズルズルと引きずるように働いてしまい精神をやんでいく・・・。

もしあなたが、

何が何でも今の飲食店を辞めたい!

もう今日明日にでも辞めたい!!

お店の店長・上司には会いたくもない!!!

というのであれば、退職代行サービスを使って辞めるのも一手です。

退職代行SARABA

人手不足の昨今、悪質な会社に対して新たなサービスが誕生していることを、ぜひともこの機会に知ってください。

不条理をふりまいたのは会社

あなたはもしかして、会社を辞めるのは申し訳ない・・。こんな風に考えていませんか?

しかしよく考えて下さい。それは全くの幻想です。

結局のところ、会社がルールを守らない・不条理を振りまいたからこそ今辞めたいと感じているわけです。おかしい理由があるからこそ退職を考えている。

飲食の不条理

・ありえない長時間労働

・毎日留まることのない膨大な激務

・横行するパワハラ

・急にシフト変更を言われ休日が消滅

こういった現実があるからこそ、辞めたいと思っている。

その上、厄介なことに、お店側はあなたの真面目さを逆手にとって利用している点です。

「会社を辞める、抜けるという行為は残された人間に迷惑がかかる。やってはいけない・やるづらい行為だ。よって、退職行為をとる人間は少なからず罪悪感を感じている。」

上司はこういった深層心理を利用し、たくみに辞めない方向に持っていこうとします。

今、「上司」と言いました。

実はここにカラクリがあります。

結局引き止めているのは会社ではなく上司なのです。

なぜなら、あなたが抜けることでダイレクトに穴埋めをするのは会社ではなく上司個人。そしてほとんどの場合、残された人間で一番負担がかかるのは上司。

退職して抜けるという行為は、ある意味で上司1人が取り残されることも意味するために、猛反対してくるわけです。

彼らは自分の保身や価値を守り、美化するためだけに言っているのです。

言って聞かない人には退職代行業者に言ってもらう

最近「退職代行サービス」を利用して辞める人が急増しています。テレビでもサンジャポやNHKのクローズアップ現代でも取り上げられましたね。

皮肉なもので、特に多い業種が「飲食」「介護」「建設」といったブラックな業種ばかり。

言っても聞かない

どうせ言っても理解されない

話が通じない

こんな上司や経営者がひしめく業界なのでしょう。

この状況、一目瞭然です。

自分で言って聞き入れてもらえない、言う気にもなれないなら他人に代行して言ってもらうのです

今そんな世間の風を察知してか、退職代行を行ってくれる業者が増えています。

退職代行SARABA

退職代行業というビジネスでやっている以上は料金がかかります。

そのためあやしい業者もありますが、イチオシは「SARABA」です。

理由は単純で、「価格」と「良心的」です。

通常の業者であれば退職代行の相場は5万円~10万が相場です。

特に弁護士に依頼しパワハラや残業代の請求になると、さらに高額になる可能性もある。

SARABAなら社員・アルバイト問わずに一律で3万円。仮に退職できなかった場合には全額返金保証もついています。依頼したが退職できなかった時には3万円が全額戻ってくる。

またラインやメールでの問い合わせが24時間対応というサービスも良心的です。

深夜、仕事を終えてクタクタになった時が飲食店勤務者にとっては一番本心が出る時間だからです。

そんな時、真夜中にラインやメールで相談できるのは嬉しい。

ぶっちゃけた話し、帰ってきて相談し、もう次の日行かない。こんな例もあるくらいです。

退職代行SARABAの特徴

・代行料は一律3万

・24時間対応

・相談回数無制限

・即日退職も柔軟に対応

退職代行SARABA

デメリットもある

ただし、退職代行サービスはあくまでも代わりに退職意向を伝えるだけなのでデメリット(できないこと)もあります。

退職代行がやってくれないこと

・未払い残業代の請求

・退職金の請求

・パワハラの慰謝料

・最終月の給料の保証確約

・万が一損害賠償された場合に会社との交渉

こういった行為は非弁行為といって基本的には弁護士しかできないルールになっています。

そのため退職代行を利用する場合には、

・とにかく今すぐにでも辞めたい

・会って言いたくもない

・慰謝料うんぬんの前に、会社からすぐに去りたい

こういった人が当てはまります。

またよくある脅し文句として、

「辞めたら損害賠償請求するぞ!」

といった類のものがありますが、こういったケースは非常にレアです。

というのも会社から損害賠償される例として、かなり悪質でかつ多大な物的・金銭的な被害を与えた場合がほとんど。

例えば、

・会社の売上金を預かって紛失したまま退職

・顧客の個人データを管理ミスで大量流失させた

といったあからさまな過失の場合に限られます。

むしろ、「辞めたら損害賠償する!」といっている会社ほど実際に行動に出るケースはなく、むしろ単なる脅しや抑止のために言っているにすぎないのです。

実際に退職代行SARABAの方でも、依頼者のほぼ100%でスムーズに退職に至ったと言っています。

退職代行は会社側にも浸透してきているのでむしろ使いやすい

意外かもしれませんが、退職代行サービスは会社人事に浸透してきています。

実際に退職代行から電話がきた際には、

「あー噂の退職代行か」

とむしろスムーズに退職の段取りが進むこともある。

会社専属の社会保険労務士からも、退職代行の事例が増えてきていると伝えられていますし、むしろ退職代行を使う人なんかかかわらないほうがいいとも言われていますね。(ひどい話ですが)

私の私見では、むしろバックレではなく代行ででも退職の意向を示しているので親切なぐらいかな。とも感じます。

なのでむしろ気兼ねなく使って辞めてやったらいいのかな思います。

退職代行SARABA

お前に私の気持ちがわかってたまるか!という精神で

退職代行で辞められた会社の社長や上司がよく言うことの一例として、

ありがちな上司の発言

辞めるという素振りは見えなかった

退職の理由を本人に説明してもらいたかった

信頼性の上に成り立っているのにショック

高いお金で辞めるのは理解できない

と言った文言。

こういった意見を聞くたびに思うのが、

「なぜお前は辞めた人の気持ちがわかってやれなかったの?いいかげん気づけ!」

会社のためにこそ辞める素振りを見せなかったのだし、退職の理由を説明しても通じないから代行を立てているのだよ。

信頼性の上に成り立っているのなら、なぜもっと個人の意見や価値を尊重しなかったのか?なぜもっと働きやすい環境を作ろうとしなかったのか?

3万円でこの無駄な環境を一瞬で打破できるなら、むしろコスパ良すぎだろ!

という点。

退職代行サービスは、本当の意味でブラック企業を消滅させる力を秘めていると思います。

そういった将来性のためにも利用するのはありでしょう。