飲食店 社員 辞めたい

飲食店を辞めたい人へ!

もと30代飲食店社員が送る飲食店の詳細を語ったブログ!

飲食店の社員を辞めたい人へ

読了までの目安時間:約 11分

 

飲食店の社員。

 

接客や調理といった仕事がメインの業務。店長、マネージャーと昇格するに従って売上やバイトの教育管理等の仕事も増えてくる。

 

更には新商品の提案や、店舗での問題点が有ればそれに対する改善提案を挙げていく。

 

 

ごくごく仕事としてはどれも当たり前の事です。

 

誰にでもできそうな簡単で楽な仕事の印象が先行します。

 

じゃあ一体、飲食店で働いていて猛烈に辞めたいと思う瞬間ってどんな時なのか?

 

 

それはズバリ勤務時間が異常な程に長いと感じる時です。

 

 

自分も飲食で働いていた時に一番大変だと感じたのがこの勤務時間の長さです。

 

 

飲食店の勤務時間の長さは異常

飲食店と言っても色々な業態があります。

 

 

・ランチから始まって夜の通常営業をやり23時に終わる洋食店

 

・夕方17時にオープンし翌朝の5時に閉店する居酒屋

 

・24時間営業のファミレスや牛丼屋

 

どれもこれも一様に共通して言える事が営業時間の長さ

 

 

しかし求人の募集要項やハローワークの案内を見ると大抵が

 

 

・交代勤務:10~19(休憩有り)

 

・シフトによる二交代制

 

 

などと書かれて案内されています。健全です。

 

 

 

 実際の飲食店の勤務時間はどうなのか?

 

151117848_faf43033c0_z

 

 

それでは募集要件通りに実際に実働8時間でおさまるのか?

 

 

はっきり言います。コレ全部嘘です!

 

 

嘘と言ったら語弊があるかもしれませんが、この通りに営業できていない飲食店がほとんど。実際のところこの勤務体系通りにやっていたらお店がなりたちません。

 

大抵の場合が社員であれば、

 

朝10時から夜24時までの14時間勤務であったり、夕方16時から翌朝の5時までの13時間労働であったりするのが普通です。

 

周りに働いていている社員や店長などを見ても、もはやこれが当たり前、飲食店ってこうゆうものでしょ。的にごくごく普通にやっています。

 

週末で予約が集中し開店準備が間に合わなかったり、人手不足で片付けが追いつかない時などは、早出や残って片付けをやるため上記の労働時間に更に働く時間がONされます。

 

 

飲食店の社員の実際の実働時間は13~15時間拘束のお店がほとんどです!

 

 

自分がまだ下っ端の時には店長やマネージャーが気を使ってくれ早く上がらせてくれたりもします。

 

ですが将来的にゆくゆく自分自身が彼らのポジションになった時には俺もこうなるのか!?帰れなくなるのか?

 

などの不安を強く抱き、こういった要素も飲食店の社員を辞めたいという思いに拍車をかけます。

 

 

 

休日の少なさも辞めたい気持ちを加速させる

 

meerkat-162217_640

 

普通の一般企業に務める会社員さんだと大抵が土日祝日休み。というのが王道でしょう。

 

 

しかしながら飲食店勤務だと週に一回が普通です

 

 

中には隔週で週に2回連休(月6回休み)を取れたりするお店もあります。しかしこのパターンは結構マレで、飲食店の中では恵まれた環境だと言っていいでしょう。

 

 

さらに悲惨なケースになるとこの週に一回の休日もままならない状況になります

 

 

年中無休の飲食業の場合、土日は関係無いので通常は平日(日~木曜日)にシフトで社員の休みを回します。

 

 

店舗ミーティングや店長会議を行う場合、繁忙期の週末や家庭持ちの上層部が休みを取る日曜日は避けられるので平日の開店前に行うのが通常です。

 

 

得てして自分がシフトインしてない休日にミーティングが開催されるなんてこともしばしば。

 

 

そのためお店には行かないがミーティングには出席。

 

こんな事も当たり前のように起こります。

 

ただでさえ休日が少ない上、休みだか仕事なのかよくわからない。こんな状況に陥ります。

 

 

少子化で人手が不足している昨今ですので、店舗の売上利益を確保するためのシフト調整とうで2週間に一回しか休みが無い。

 

忘年会・新年会シーズンの12月、1月には、ひと月で一回も休日が取れない・・・

 

 

こんな事もざらにあります。

 

 

ていう事も私自身が実際に身を持って体験したことが有ります。

 

しかもなぜか会社にはこういった無休で働く姿勢が賞賛されます。(給料に反映はされません。)

 

繁忙期の12月には周りの友人達が楽しく忘年会で賑わっているのに、自分は参加できない・・・。参加できないならまだしも休日すら取れない虚しさ・・・。

 

辞めたい気持ちを加速させていきます。

 

 

 

飲食店社員の休日開けは半端無く憂鬱

14681167799_67aba9090c_z

 

一ヶ月働いてやっと休日、やっと勝ち取った2連休!

 

 

こんな思いで休日をゲットしたのもつかの間、大切なプライベートタイムは一瞬で終わり、ほんとマジで一瞬で終わり、また地獄のような日常がやってきます。

 

 

飲食店で一番辞めたい瞬間がこの休日あけでしょう

 

 

断言できます。

 

もうホント朝起きて出勤時間がどんどん迫ってくるこの感じといったら・・・。

 

 

「もういっその事、地球が滅亡しないかな」

 

 

こんなバカげた発想すら浮かんでくるぐらい辞めたい念に駆られます。

 

 

休み明けに新人社員がバックレたり、店長・料理長の機嫌が悪い・・・。そこには上記のような理由があるのです。

 

飲食店社員の辞め方。バックレるとどうなるのか?

 

 

一体どうしたら良いのか?

この長時間勤務の飲食店。

 

何か良い解決法はないものなのか?

 

 

結論から言うと

 

 

辞めて転職する

 

または、

 

出世して仕組みを作る側にまわる

 

 

このどちらかしかありません。

 

辞めて別の飲食店に極上の地をもとめて彷徨うのも一つの手でしょう。

 

ただ私の経験上、安易にお店・会社を変えたところで状況はほとんど変わりません。

 

一からやり直す分、状況は悪化する場合がほとんどです。ブラックな飲食店を回遊しているだけの人もよく見かけます。

 

むしろまだやり直しの効く年齢であれば、全くの異業種にチャレンジするのも一つの選択肢です。

 

単純に長時間労働から逃れたいという欲求で転職するのも、労働環境が過敏に問われる今だからこそ全然ありです。

 

 

飲食店は慢性的に人手不足なので、2~3年も続けてればもうベテラン。こんな事もよくある話し。

 

であれば腰を据えて一つの会社に居座り、自分にやりやすい仕組みやシステムを作る側にまわるのも一つの方法。

 

そこに行き着くまでが大変ですけどね。

 

大手飲食だと安定はしてるけどそう簡単に出世はしないので、少人数のベンチャーに入って上を目指すっていうのもありかもしれません。お店が潰れる危険性とのバランスをとりながら。

 

 

飲食は卒業し他業種に行きたい!

 

それでも飲食で行く!ちょっとでも環境の良いお店を探したい!

 

 

飲食店を辞めて別業種に行くのか、それとも飲食で出世を目指すのか、迷ってる人は参考にして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく読まれている記事

・自分が飲食業に向いているのか確かめる方法

・20代で飲食店のフリーターだが、飲食業以外で就職したい人へ

・ブラックじゃない飲食店に入る方法

・30代で他業種へ転職する方法

・飲食業はもう無理!という人へ

・飲食店の退職を代わりに言ってもらいすぐ辞める方法

 

辞めたい人   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: