調理師辞めたい ブラック

飲食店を辞めたい人へ!

もと30代飲食店社員が送る飲食店の詳細を語ったブログ!

調理師を辞めたい。職人の世界はブラックばかり!

読了までの目安時間:約 11分

 

〇〇調理師専門学校を晴れて卒業し、いざ調理師の世界へ!

 

念願の和食料理屋に就職。憧れのイタリアンで料理人に。

 

 

こんなきらびやかな表舞台とは裏腹に、調理師を辞めたいと考える人はかなり多い。

 

 

そりゃそうです。

 

 

なぜなら調理師は超絶にブラックな世界だからです。

 

 

 

持っていてもほぼ無意味。調理師免許

調理師の専門学校を出ると、調理師免許が取得できます。

 

細かく分類すると、「製菓衛生師」や「ふぐ調理師」など細分できるものの、多くの学生が取得するのが調理師免許でしょう。

 

 

そしてこの免許、実際職場で働くとなった時、ほぼほぼ何の役にもたちません!

 

 

給食センターや学校の食堂などのおかたい職種につくならまだしも、一般飲食店やホテルなどのに就職する際には、あってもなくてもどっちでもいいような資格。

 

その理由もしかりで、ぶっちゃけた話「調理師免許」など誰もが簡単に取得できる資格だからなのです。

 

専門学校などに通わなくても独学でも十分取れるし、通信講座やオンライン口座などでもさほどの労力を払わずとも取得できる資格。

 

あまりに簡単に取れる資格のため、持っていてもいなくても同等レベルなのですね。

 

 

そのためか、昭和気質の職人さんなどは、調理師資格など持っていない人がほとんど。

 

意気揚々と、

 

「〇〇調理師専門学校卒業した、☓☓です!」

 

などと自己紹介しようものなら、熟練の職人さんからは失笑をかってしまうのがオチなのです。

 

さらには、

 

「資格なんかどうでもいいから、さっさとカツラ剥きができるようになれよ」

 

と下に見られてしまいます。

 

調理師になったものの、出鼻をくじかれ、辞めたいと考える最初の一瞬でしょう。

 

 

想像を絶する長時間労働の調理師

 

飲食業界全判に言えることで、もはや周知の事実になっていますが、例にもれず調理師も'超'長時間労働です。

 

就職する前や専門時代から色々と話を聞き、おおよそのイメージはついているものの、実際にやってみるとそれが思いのほかこたえる。

 

「何でもやりますよ!」

 

なんて息巻いているのは最初の1週間だけで、そんな勢いは瞬く間に打ち砕かれます。

 

 

 

・来る日も来る日残って、野菜の皮むき

 

・休憩時間には夜の食材の準備

 

・仕事が遅いからと早出

 

 

 

「世の中、本当にこんな仕打ちがあるんだ」といった現実が実際に目の当たりに展開されていき、どんどん自信を喪失していくのです。

 

おまけに長い時間働いているからそれなりに給料が良いのか?といったらそんなことも無く、金も時間も無い、なんだかよく分からない世界に踏み込んでしまう。

 

 

更には自分より3年も4年も先に入った先輩調理師も、今だに自分と同じような雑用をやらされて、ヘトヘトになって働いているのを見ていると吐き気すらしてくる。

 

 

「こんなきつい生活がまだまだ先も続いていくのか・・・」

 

 

将来に対して何も変わらないんじゃないか?という絶望感もましていき、辞めたい気持ちが加速していくのです。

 

 

 

モラル低すぎ!本当に殴る蹴る人がいる

一般企業からみたら到底考えられないことですが、調理師の中には本当に暴力をふるう人間が存在します。

 

その理由は、

 

 

「自分もそういった中で育ってきたから」

 

 

などと理不尽な理由をふりまくのです。

 

そして厄介なのが、本人は良かれと思って暴力を振るっている点。

 

自分もそうゆう中で育ったから技術が身についた。殴られるのが嫌で全力で仕事を覚えたなどと本気で言ってくる。

 

 

これ、正直意味が全く分かりません!!

 

 

こういった人間が育ってしまう労働環境にも大きな問題があると言えます。

 

特に昔カタギの調理人ほど、価値観が偏屈している人が多い印象です。

 

 

・調理師の世界しか知らないため、自分の常識が世界の常識だと思っている

 

・価値観を押し付ける事が不快感を与える事だという自覚がない

 

・先にやっているから偉いんだという謎の自信

 

 

 

こういった輩のなんと多いことか・・・。

 

蹴る殴るなどの仕打ちを受けると、「クールに話し合うことは無理だ」という考えに行き着いてしまいますよね。

 

そうなると、もはや建設的な話し合いなどできようがない訳です。

 

その上殴る蹴る人間に限って、なまじ出世しているため、会社からは信用され、うまく立ち振る舞っている。

 

こうなってくるともはやお手上げです。

 

 

 

あなたが選んだ会社は間違っています

調理師として失敗するパターンの多くが、専門学校の紹介で有名ホテルや、地元では名のしれた古き飲食店などに就職してしまうパターン。

 

有名企業であったり創業30年の老舗であったりするので、変に信用してしまうのです。

 

「あそこなら大丈夫だろう」

 

と安心して就職してしまうのですが、これは大間違いです!

 

 

特に調理師を含む飲食業界の場合、

 

「大手企業だから必ずしも安定している」

 

「大手なのでブラックではない」

 

こんな事は断じてあり得ないことです。

 

 

むしろ老舗の会社の場合、会社の経営陣が昭和気質の考えを持っている人が多く、今風な感性に乏しい人で埋め尽くされています。

 

 

・若者は苦労して当たり前!

 

・串打ち3年、焼き一生!下積みが人格を作る!!

 

 

 

こんな感じで、仕事は努力や根性で身に着け、乗り切るものだと本当に考えている人が相当数存在するのですね。

 

これは、その時代はそういった考えが通用していたよという話。

 

あらゆる職種で長時間労働や人手不足が深刻な問題になっている昨今、こんな勢いまかせで経営している会社に未来があるわけはありません。

 

もしあなたが、調理師として上記のような会社に就職してしまっているのであれば、それは完全に選んだ会社が間違っていると言えます。

 

 

 

 

おかしい会社はすぐに辞めたほうがいい

 

もしあなたが入った職場が、

 

 

毎日12時間勤務以上が普通

 

・驚異的な連勤(14連勤以上)がある

 

冠婚葬祭で休めない

 

・限界を超えてて働くことが賞賛されている

 

 

 

こんな職場であれば一刻も早く退職したほうがいいです。

 

 

もう料理なんかしたくもないよ・・・。

 

心底疲れ、そうお考えなら、他業種に転職するのも全然ありです。

 

変に「調理師免許」を持っているからと固執して、ブラックな飲食業に居続ける必要性も全くありません。

 

 

世の中には調理師の資格をもったままに、web業界で働く人、不動産営業、事務職、こういった人も沢山います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく読まれている記事

・飲食店を辞めたいけど次になにをしてよいか分からない人へ

・飲食店を辞めた人は次にどんな仕事をしているのかを知る方法

・20代で飲食店のフリーターだが、飲食業以外で就職したい人へ

・ブラックじゃない飲食店に入る方法

・30代で他業種へ転職する方法

・飲食業はもう無理!という人へ

 

職種   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント