キャバクラのボーイを辞めたい理由4選と、その後の転職先!

初任給が良いのと、水商売に少し憧れがあって入ったキャバクラの世界・・・。

出世が早く、できる奴なら信じられないスピードで出世の階段を駆け上がれるとも聞いていましたが、

実際は全くそう甘くはありません。

夜の世界を馳せる黒服の苦闘とは!?辞めたい理由とは!?

キャバクラボーイを辞めて、昼の仕事につくことはできるのか?

女の子がとにかくわがまま

キャバクラの主役はボーイなど男子従業員ではなく「女の子」です。

入店した時から店長に、女の子に対する接し方には注意するように何度も言われてくるのが普通の世界。

全員とは言いませんが、キャバクラに在籍する女子たちはとにかくクセが強く、入ったばかりのボーイなどは「奴隷」くらいにしか思っていません

あわよくばホステスの女の子と出会ってチョメチョメ。こんな事は実は全くありえない。

店長もそういうことは承知していて「最初は辛いんだ」とボーイたちを励ましてはくれますが、本当にひどいものです。ちょっとでもミスをした時に怖いのは店長ではなく彼女たちなのです。

お客の前で平気で罵り、その後のフォローなんてありません。

最近パワハラとか言う言葉がありますが、あんなレベルでは無い

[check2 color=”orange”]・呼んだら早く来い!とどやされる

・生理用ナプキンを普通に買いに行かされる

・当日欠勤しているはずのに町でぶらついている[/check2]

女の子たちが一目置くのは、店長だけ。

馬車馬のようにこき使われ、ボーイを辞めたくなる瞬間です。

彼女たちも言わば「自営」と同じで、売上を上げなければ稼ぎも減ってしまうので必死なのは分かりますが、こちらからすれば辛いところです。

彼女たちがそんなふうなので、お客もボーイに人格は認めていません。接客業にもいろいろありますが、ここまで蔑まされる接客業も珍しいんじゃないでしょうか。

女の子集め

店の品格やレベルは、在籍している女の子でほとんど決定されます。

いくら店のつくりが立派でも在籍している女の子のレベルが低ければその店は評価されません。ですからボーイにも女の子を集める仕事をさせられます。

知り合いを当たってもいいし、キャッチやナンパで女の子を集めるボーイもいます。

そういうことが得意ななやつは早く出世します。店の要である女の子を多く獲得した人間がこの世界では偉いのです。

それはある意味ボーイたちの競争でもあるので、女の子をどうして集めたか、などのノウハウはなかなか教えてはくれません

先輩が後輩に教える仕事はお酒の作り方や店の雑務の面ばかりです。

気が良くてしんどい仕事を安請け合いするようなボーイは、手に抱えきれないほどの仕事でいっぱいになり潰れてしまいます。

誰でもできる簡単な仕事と言ったら大間違いで、お店の看板である「女の子」を自社商品のように大切に扱い、ブラッシュアップをかけ、いかに集められるか。

万全とやっているとどんどん相手にされなくなってしまう過酷な世界です。

今すでに力のある人間が店長になる

キャバクラの世界は「年功序列」ではありません。その店でどんなに頑張っても「生え抜き」を大切にする、という考えはありません

ボーイから頑張ってその店の店長になる人間はごくわずかです。

主任や副店長など会社によって役職はさまざまですが、一番大切なのは店長であり、責任も多いですが、おいしいところも全部店長のところにいくようになっています。

早い話しが店長になれなければその男性従業員に価値は無いのです。主任や副店長ではだめです

もしその店の売り上げが下がり、店のオーナーが対策を打つ時に一番多いのが「店長の交替」です。そしてそれは繰上げ式ではありません。ほかの店の腕のいい、実績のある店長をヘッドハンティングしてくるのです。

ですから何らかの形で「今現在売上を上げることのできる実力」が必要になります。先ほどの女の子を集める能力がその大半を占めます。下働きをいくら頑張ってもそこは認めてもらえない厳しい世界なのです。

キャバクラのボーイで大半の人が、こういった理由で辞めていきます。

不安定なオーナー

キャバクラはよく潰れます。

何年その店で頑張ってもオーナー自体が「老舗」など作る気持ちが無いからです

売上が下がり稼げない店になったら「ほかの事業でもする方がまし」くらいににしか思っていないのです。店というものにあまり愛着が無いというか、金儲けの手段としか考えていないので、平気で店を売り払ってしまいます。

その際ボーイのことなどに気をかけてなんてくれません

店長以下全員新しい店を探し回ることになるのです。

キャバクラの仕事とはそういった転職の繰り返しなのです。

女の子はどの店でも欲しがりますが、ルックスがイマイチだけど性格で稼いでいた女の子なども悲惨です。

キャバクラの店長やオーナーは女の子のルックスでほとんど判断してレベルを決めますので、いくら実力があっても在籍すらさせてもらえないこともあるようです。

辞めて昼の仕事に転職したほうがいい

若いうちは大金を掴もうとキャバクラの世界に入って勝負することも悪くはないと思いますが、実際にキャバクラで儲けた人たちは早々と引退して違う事業を起こします。

やはりあの世界は「資金獲得」のためにする仕事であり「全身全霊」をかけてする仕事ではないのです。

ある程度の年齢になったら長く働ける仕事を探し、そこで努力をして「育ててもらう」ほうが将来的にはいいと思います。

夜の世界で働いていると、夜の仕事を転々とするというループにハマってしまいます。

更に言えばボーイは、普通の仕事なら完備されているものさえも約束されていません。

・社会保険がない

・ボーナスがない

こういった会社がほとんど。

一層のこと昼の仕事に転職したほうが得策なのは明白です。

転職エージェントを使えば転職できる

キャバクラボーイのなんてキャリアになるのか?

こう考える人も多いかもしれません。

ですが夜の世界のような縦社会でやってきた人達は、

・礼儀正しさ

・コミュニケーション力

・タフさ(ストレス耐性)

という下地があります。

人によってはホームページサイトの更新に携わり、ITやwebの知識に長けている人もいるかもしれません。

希望する会社と自分の能力をうまく説明できれば、まだまだやり直しはききます。

何から始めていいのかわからなければ、転職エージェントを使ってみることをオススメします。

面接対策や履歴書の書き方、スケジュールリングなど転職のイロハを一から教えてくれます。

 
 

  1. リクルートエージェント


    相談しやすさ ★★★★★
    転職案件 ★★★★★
    全国展開 ★★★★★
    有名大手転職エージェント。メリットはなんと言っても転職案件の多さと、転職、までのスピード感。都内・地方問わず展開しているので日本全国で利用できる。
     

    管理人のレビュー

    今すぐにでも転職したい人。とりあえず転職自体が初めてで何もわからない。リクルートエージェントはそんな方にうってつけです。フットワーク感も良いので、まめに連絡をとっていけば最短2ヶ月あれば転職も可能です。

    無料でリクルートエージェント利用する

     
     

    1. doda

      商品1

      相談しやすさ ★★★★★
      転職案件 ★★★★☆
      全国展開 ★★★★☆
      自分の適正がまだ分からない人。じっくり転職活動したい!大手以外も視野にいれたい!
      dodaは中小やベンチャーの案件も多数持っています。転職活動に失敗したくない人。次こそはじっくり働ける職場を探したいとお考えの人にはおすすめ。非公開求人も多数あります。

      管理人のレビュー

      dodaはどちらかというと中小企業案件が多い感じです。メールで送られてくる案件も有名大手ではないですが、適正をしっかり見て送ってくれていると言った案配。

      無料でdodaを利用する