ブラック企業を底支えする社畜達の特徴。そこに陥らない思考法

会社に飼い慣らされ、会社の思うがままに働く社員。

 

世間ではこういった社員の事を、社員と家畜を掛けあわせ「社畜」と呼びます。

 

かなり否定的なワードで、決して良い印象を受ける単語ではないのは明らかです。

 

それもそのはずで社畜はブラック企業をのさばらせるばかりか、社畜自身の人生をも狂わせます。

 

 

ここでは社畜に陥り安い人の特徴を具体例を出しながら紹介し、その対策を披露します。

 

 

目指せ脱社畜!

 

 

社畜が悪印象の理由

社畜は一見すると仕事熱心で真面目な人。会社の利益にも貢献し組織運営には不可欠な存在。

 

こう捉える事もできます。

 

上記の理由であるのに、一体どこが悪印象なのでしょうか?

一生懸命働いて何がいけないのでしょうか?

 

一昔前のバブル期には会社で必死に働く人間の事を「モーレツ社員」や「企業戦士」などのワードで比喩されたりもしました。

 

「サラリーマン金太郎」や「課長島耕作」などにもこういった必死に働く社員の代名詞とした表現が出てきます。

 

 

社畜が最も印象を悪くする要因は、

 

 

何も抵抗しない

 

 

という点にあると言えます。

 

会社の提言する無理難題、無理強い、こういったことに対して疑問も感じることなく自分自身の時間・労力を投入していく。

 

そして厄介なのはこういった従順な優良社畜をブラック企業は好みます。更に厄介なことには、社畜でない普通社員にまでも悪影響が飛び火してくる点

 

ブラック企業では社畜が普通であり、一般的な思考をもつ社員は異端児と捉えられてしまいます。

 

 

社畜がブラック企業を底支えする

何も抵抗しない=上司・会社の言いなり

 

と捉える事ができます。

 

つまりが、

 

 

[finger2 color=”orange”]・社畜は上司の言いなりで動く

 

・社畜は言いたいことを言わず感情を抑える

 

・社畜は自主性が全くない

 

・社畜は長時間労働=やりがいと感じる

 

・社畜は決められた事を疑問視せず取り組む

 

・社畜は偏った社内評価を気にする[/finger2]

 

こういった事を基軸に日々行動をしていくのです。

 

これらは全てブラック企業にとっては都合のいいことばかり。

 

 

 社畜体質でいると根本的な問題解決を逃す

上司の言いなりで動くということは裏を返せば、長時間労働・休日なしにも素直に従う事を意味します。自分の意見や考えをもってなく自主性が無いことと同義。

 

言いたいことを言わずに感情を抑えて平謝り。

 

心の中では間違っていると思っていても、事を荒らげたくないが為に自分を抑えこんでしまう。

 

こういった行為は当然のことながら、根本的な問題を解決するどころか先送りにしてしまうだけ。

 

 

もちろん自分の意見が通らないからと言って怒りをぶちまければOKという意味ではないです。

 

ここで問題なのは上記のような社畜思考でいると、結局のところ会社・働き手双方に何もメリットがないという部分。

 

何でもかんでも鵜呑みにし疑問や不都合があっても声に挙げなければ、結果的にはマイナスだという点です。

 

 

 飼いならされていると「怒れる技術」を失う

3281139322_83f1d14520_z

 

 

普通、クリエイティブで業績を伸ばしている会社の社員は、不都合や違和感があった時に自分の感情をコントロールする技術を持っています。

 

常に苛ついていて、あたり構わず自分の感情をぶちまけるブラック企業の中間管理職とはわけが違うのです。

 

一瞬の出来事で頭に血が上り激昂するのではなく、怒りを自分自身で演出します。

 

例えば

 

 

[normal_box2 color=”orange” border=”b3″]・あまりにも理不尽な要求に対しては、公の場でガツンとハッキリ進言する

 

・意味もなく高圧的な態度をとる上司にはマンツーマンで意見を丁重に言う[/normal_box2]

 

こういった事をやってのけているのです。

 

あくまでも言いたい事はしっかりと伝え、静かなる怒りをあらわにする。

 

 

こんな事をやったら社内の空気感が悪くなるんじゃ・・・。

 

心配になる方も多いでしょう。

 

しかし意外なほどに、こういった先制を打っておくことでその後の仕事の進捗が急激に進展していったり、おかしいルールが変わっていったりすることはザラにあります

 

長い目でみるとこういった姿勢は会社も自分自身をも成長させるということを深く認識しているのです。

 

社畜に成り下がるということは、こういった改変の可能性をつぶす事を意味します。

 

 

上司が言ったから

会社のルールだから

 

 

こんな事を理由に従順に従う社畜を演じていると、会社も個人も衰退するのは明らかな事なのです。

 

和民や庄や、その他のブラック企業が良いモデルです。

 

 

社畜人間は社畜という認識すらない恐怖

よくカルト宗教などの報道や記事を拝見すると、

 

「こいつ完全に洗脳されきってるな~」

 

という印象を受けます。

 

盲目的に自分が信じたことにしか目を向けず、それ以外の世界には理解も示さない。

 

 

これは実は社畜にも当てはまります。

 

簡単に言えば、はたから見ればあからさまに社畜化しているにも関わらず、当の本人はそんな事は微塵も思っていない。

 

「いや俺はただ必死にやっているだけ」

「おかしい事があったら気づくよ」

「これって普通のことでしょ」

 

こんな感じで、会社の奴隷と化していることに全く自覚がない。

 

なぜこんな事が起きるのか?

 

 

それは、

 

 

[check2 color=”orange”]サラリーマン=普通の人生=常識[/check2]

 

こういった概念が世間一般的にも構築されているからだと考えられます。

 

 

かのマルクスも言います

 

「労働者は搾取され続ける」

 

と。

 

 

実は雇われて働いていると潜在的に「サラリーマン=社畜」という図式が当たり前のように出来上がってしまうのです。

 

当たり前過ぎるが故に気付かない悲しい事実。

 

 

変な言い方かもしれませんが、ブラック企業はこういった心理を理解し、そこにつけこんで無知な労働者からあらゆるものを搾取している団体とも言えるのです。

 

 

社畜に陥らない為に

robot-513774_640

 

 

会社で自分自身の意見を公の場で言うという行為は勇気がいるものです。

 

ましてやブラック企業のような洗脳された社畜郡がいる中で、それに逆行するような強い意見をいうのは至難の業。

 

当然のことながらそこには進言出来るだけの強い自分がいなければなりません。

 

 

会社内でしか通用しない知識・技術しか持ち合わせていない

 

 

多くのブラック企業の社畜達は、ここに収まっています。

 

要するに社内価値は高いが、市場価値はまるで低いのです。

 

ここを脱していくには、普遍的で客観性の強い知識・スキルを磨いていく必要が必須です。自分自身の市場での価値を高めていくには日々アンテナを張り続ける必要があります。

 

単純に難関資格を目指す

手に職をつける

 

というのではなく、今どういった業界が流行っていて、どこに金や人が動いているのか?スキルを持った人材を欲しているのはどんな業種なのか?

 

こういった事を日々リサーチし続ける事が必要です。

 

端的に言えば、会社からいわれている事、会社から薦められる本、会社で発信される情報、こういった情報だけに依存していては自主性が養われる事はありません

 

こういった事はもちろん今日明日ですぐに実現することではありません。

 

 

ただ一つ肝に命じていて欲しいのは「現実を見据える」という事。

 

 

もしアナタが今のブラック企業のままで周囲に社畜の溢れる会社で、同じように歩調を合わせて日々過ごしていたら、その先には同じ日々が延々と続くという現実が待っているだけ。

 

そういった客観的な事実を見据えながらも、会社にとらわれない思考・情報は摂取し続けるべきです。

 

最後に

残念ながら日本の会社のほとんどは、周囲に合わせる事ができる人間を重宝する傾向があります。

 

 

周りの空気を読める能力>仕事をする能力

 

 

こういった図式が成り立っている会社は意外なほど多い。

 

先に述べたブラック企業の社畜達は典型的なこの図式に当てはまるパターンです。村八分や目立って叩かれるのを恐れていわれるがままになっているだけ。

 

 

「いや俺はそれでもこのままの生活でいいし、会社の中でいわれるがままに過ごしている方が快適」

 

「ブラック企業だろうが社畜だろうが関係ない。この環境でいい」

 

こういった考えであれば、それはそれで構わないのでしょう。

 

 

しかし、今の環境に納得がいかなく、なんとかしてでもこの状況を打破したいというのであれば現在の会社に依存しない働き方を模索すべきです。

 

今の会社が不意に無くなったとしても自分はやっていけるのかを常日頃から考え続け、日々勉強すべきです。