居酒屋の社員はうざいくて辞めたい人へ。その対処法を大暴露!

居酒屋でアルバイトをしていて一番目につくのが社員のうざさ。

 

社会人としてアルバイトを始めた学生は特にそう感じるのではないでしょうか?

 

 

何から何まで小言を言われる。

 

言っている事とやっている事が違う。

 

気分にムラがありいきなりキレだす。

 

 

などなど。

 

店長、社員は長時間労働で大変なのは分かるが、それにしてもうざい。

 

不条理な事を言うことが多い居酒屋の社員に対して、何か対策・対処法はないものなのか?

 

 

これは実際に社員になることで分かる「これをアルバイトにされたら困る!」という視点で解説していきます。

 

 

居酒屋の社員はなぜこうもうざいのか?

アルバイト諸君からみると目上の存在である社員。

 

立場が上である以上は指示には絶対的に従わなければなりません。

 

しかしながら得てしてよく理不尽な言動を取ってきます。

 

 

例えば

 

[imglist icon=”check1″ color=”orange”]

  • 自分でルールを作っているのに自分は実行しない
  • 勝手にシフトが変更されている
  • 無理難題を申し付ける
  • 人生の先輩ぶる

[/imglist]

 

 

こういった事って、居酒屋のアルバイトで働いていて多くないですか?

 

いわゆる社員がうざい瞬間。

 

特に一旦その社員の事が嫌いになりだすと、そいつの全て、一挙手一投足が全部嫌になってきてバイトにいくのも憂鬱になります。

 

ではなぜ居酒屋の社員がこういった言動をとってしまうのか?

 

その背景を紐解きながら解決策を提案します!

 

 

自分でルールを作っているのに自分は実行しない

 

この場合は社員が自分でも納得してないままルールを作らされている可能性が高いです。

 

要はその社員も上司からの要求で無理やり動かされている。

 

そのルールに対しても熟知していないため、実際にはやりましょう!とは言ってるものの自分自身は実行に踏み切らない。

 

「出勤したら元気よく挨拶しよう!」

 

とか言いながら、自分はメチャメチャ無愛想にお店にくる。とか。

 

 

アルバイト視点で見たらかなりうざい社員です。

 

こんな時はその社員なり店長なりの上の人に、改まった状態で密告するのが効果的です。

 

組織でも上の人って、紳士的な態度であらたまった形で進言されると重大な問題として受け止めますから。

 

 

勝手にシフトが変更されている

 

ある日シフトが休みだと思っているのにいきなり電話がかかってくる。

 

出るとうざい社員からで、

 

「お前今日シフト入ってるぞ」

 

なることを言われる。

 

あれおかしいなと思いつつ、スマホで取ったシフトの写真を見ても確かに休日になっている。

 

その旨を社員に伝えると、

 

「いやーそれね、おととい変わったんだわ。お前出れるかもっていってなかったか?」

 

こんな理不尽な事を普通に言ってくる。しかも自分はおとといはシフトに入っておらず、変更を知る由すらないのに。

 

 

人手不足の飲食店ではバイトが少しでも隙を見せると、社員は途端につけこんでくるのが普通です。なぜなら人員を確保しないと社員自身の休日が取れないから

 

 

なのでシフト表を提出する際には、この日は出れるかもしれません、どっちでもいいです、等の曖昧な返事は絶対しない方が無難で

 

居酒屋のうざい社員は過酷な労働時間で追い込まれているのです。

 

 

 

無理難題を申し付ける

 

ここは社会人経験の少ない不慣れなアルバイトであれば強く感じる部分かもしれません。

 

特に居酒屋のピーク時は一気に客が押し寄せるため、それこそ一人で二つの仕事をこなさなければならない瞬間が多い。

 

 

また社員や店長も慌ただしい中で指示を出すため口調が厳しくなったり、そもそもアルバイトの言っている事を聞いていない事もあります。

 

こんな時の対処法としては、一歩引き下がり冷静になって「全くしょうがねーやつだなあ」ぐらいの余裕な気持ちで見守ってあげましょう。

 

 

また居酒屋の社員の中には、全く意味不明な無理難題を言ってくる人もいます。

 

[check2 color=”orange”]・新人アルバイトにも関わらず、いきなり超厳しい

 

・お前臭いんだよ!などと体にまつわるコンプレックスを避難する

 

・あからさまに無視する

 

・面接で伝えたシフト希望をガン無視[/check2]

 

 

もしあなたがこういった出来事に理不尽さを感じ、社員がいてあまりにうざい場合は、

 

すみやかにそのお店は退職しましょう。

 

うざい社員を野放しにしているような会社でアルバイトをしていたところで、あなたにメリットはありません。

 

辞めたら生活に困るって人は、同じ飲食店であればいくらでも探せば良いお店は見つかります。

 

飲食業は人手不足なので簡単に採用もされます。

 

なので我慢せずキッパリと辞めてしまうのが手です。

 

 

楽な飲食店を探す方法

 

 

社員が人生の先輩ぶる

 

こういった人間が多いのも居酒屋の社員の特徴と言っても過言ではありません。

 

賄いを一緒に食べながら、

 

 

[check2 color=”orange”]「俺は学生の頃はもっと責任を持ってバイトしてた」

 

「今のうちから何々を勉強しとけ」

 

「俺が若い時は毎日朝まで酒のんで遊びまくってた」

 

「あーだった。こーだった」[/check2]

 

 

などの全く聞いてもいないような話しを自ら語りだすうざい社員が多いです。

 

 

おそらくその時点であなたは、社員から愚痴的な話をされやすい存在になっている可能性があります。

 

 

対処法としては、全くの無関心を装います。彼れらの武勇伝にいちいち驚嘆の表情を示したり、質問を返したりしてはいけません

 

 

「そうなんですか」

「ふ~ん」

 

これで終わり。後は黙々と仕事、作業に戻ります。

 

あいつはつまらない奴だ。社員にこう思われれば御の字ですね。

 

 

まとめ

これまでツラツラとまとめてきましたがいかがでしょうか?

 

以上色々と書きましたが、

 

 

居酒屋で社員をやっていて一番堪えるのが、アルバイトにバックレられる事です

 

 

なんと言ってもこの突然いなくなるという行為は社員からするととんでもないぐらいの精神的な痛手です。

 

なぜならその埋め合わせをするために、その後決まっていたシフトを調整せねばならず、結果、自分の休みが無くなるからです。

 

特にバックレでは急すぎてバイトの代わりがたてられない事が多く自分で穴埋めするしかない。

 

また会社のコスト面でも、今だとアルバイト1人雇うのに広告宣伝費が20万近くかかったりします。20万かけて雇ったアルバイトが数週間でバックレる・・・。

 

そうなると社員としては上司からかなりのお咎めを食う訳です。

 

だから最近の飲食店では丁寧な教育が徹底されているのです。

 

ただあなたがどうしても人間的に許せないあまりにもうざい社員がいるようなら

 

 

容赦なくバックれてやって下さい!