飲食は休みがない・・・。

労働時間が長すぎてキツイ・・・。

このサイトに訪れた方のおよそ9割が、

「飲食業って、何かおかしい?」

こういった悩みをお抱えの事でしょう。

当サイト「飲食店辞めたい」では、飲食店で働いている人であれば誰しもが必ず感じるその”独特な過酷さ”を共有します。

その上で、

今のあなたは実際問題としてどんな状況におかれているのか?を整理しながら、

このまま継続すべきなのか?

何か打開策はあるのか?

そのヒントは?

という飲食店を辞めたいが、具体的にどうしていいのか分からない方に経験にのっとった情報を紹介していきます。

飲食店を抜け出すためのヒント

今のあなたの置かれている状況を改めて考えた事はありますか?

「飲食店はサービス業だから仕方ない」

勝手に妥協してしまい、なかば諦め気味になってしまっているのでは?

もしかしたらそれは、あなたが知らず知らずのうちに会社に煽動されている可能性があります。

あなたの今いるそのお店、こんな状況ではありませんか?

ブラックな飲食店の特徴

30代、他業種に転職したいが飲食の経験しかないから無理だ・・・。

そう考えるのは無理もないことです。年齢をとればとるほど転職が難しくなるのは周知の事実。

しかし世の中には30代で飲食から他業種に転職を成功させた人も多数存在します。かくいう私自身も30代で飲食を卒業しました。

30代で飲食から他業種へ転職する際の秘訣をまとめました。

30代で飲食から他業種への転職は可能か?

他業種に転職したいが、転職の流れがいまいちわからない。ピンとこない。第一忙しすぎてスケジュールすらどうすればいいのかも分からない。

多忙な飲食勤務者が効率良く転職活動を行うには「転職エージェント」を使わないと絶対無理だと断言します。

飲食店の場合、意外にもハローワーク経由で応募してくる人が多い事もあり、案外知られていない転職エージェントについての詳細をまとめています。

転職エージェントの使い方

飲食を辞めたいが自分にどういったポテンシャルがあるのか分からない。こういった悩みを抱える飲食勤務者はかなり多い。自分はどんな職業が向いているのか?手軽に自分の適正を調べる方法を紹介します。

自分自身の適正を調べる方法

労働環境が過酷な飲食業。社員だからという単純な理由で、理不尽かつ無理難題なことばかりをふっかけられる毎日。では世の中すべての飲食店がブラックな環境なのか?

実は必ずしもそういったわけではありません。

環境を整備しているお店が徐々に増えてきています。

厳密に言えば人手不足の昨今なので、人材を重宝するお店とそうでない古い体質のお店が2分化してきています。私自身、最後に勤めたお店はかなり環境の良いお店で勤務していました。

ブラックじゃない飲食店を探す方法を紹介します。

ブラックじゃない飲食店に就職するには?

もう今の現状が嫌で嫌で仕方ない!もう今日即日、いや今この瞬間にでも辞めたいんだ!

そう考える方のために、飲食店を辞める際の注意点。万が一バックレた場合ってどうなるのか?を自他ともの経験からまとめました。

飲食店を辞める時の心構えと注意点

中には、辞めたいのに言い出せない。言ってもノラリクラリとかわされてしまう・・・。こんな方もいるかもしれませんね。

今世の中には、退職の旨を代わりに言ってくれる「退職代行」というサービスがあります。

代行料として料金が発生しますが、「今すぐ、店の人に会わずに辞めたい!」という方は、こういったサービスを利用するのもありかもしれませんね。

退職代行サービスを使って飲食店を去る方法

見えなくさせられているだけ

今の飲食店を辞めたい。と伝えた場合、お店側は必ずあなたを引き止めにかかります。

なぜなら飲食業は未曾有の人手不足にかられているからです。そして人手不足の原因は働く環境が悪いからみんな敬遠するため。

そのため巧みなお店ほど、

ブラックな環境だけど、長く働かせる

といった部分にフォーカスし、離職させないための策を可能な限りあなたが分からないように施します。

これが一番最悪な状況です。

自分は頑張れば報われると吹き込まれながらも、その内情は全然そんな事はない正反対の事実で進んでいる。

そんな時に当サイトを参考に客観的な思考を持って頂けたらと思います。。

今の状況が嫌で変えたいと考えるなら、中途半端ではなくハッキリと行動することがポイントです。

これは何も悪態をつけ、とか反抗的になれ。ということではありません。

物腰や口調は柔らかいけど、ハッキリとした態度を示すことです。現状を改善するための第一歩はこんな些細な言動から。

このサイトが読者様のヒントになれば幸いです。